リピートの大家さん | さて今回の色は?

リピートの大家さん、さて今回の色は?

壁紙,クロス,リフォーム,アクセントカラー,塗る

後期高齢者の大家さん、すっかりアクセントカラーにはまってしまったようです。2年以上のお付き合いになりますが、空室が出るたびにお電話をいただきます。今では、すっかり仲良くなりました。毎回聞かれるのは、「どんな色がいい?」です。今回は、最近人気の“スモークブルー”に決まりました。しかも、梁と柱だけ。作業する側としてはとても面倒くさいのですが、お客様のために頑張りました!
これまでは、明るい色がいいと言ってパステル系の色を選ばれていたのですが、今回は新色にチャレンジです。お部屋が少し引き締まって見えますね!

 

<壁紙・クロス “塗り替え” に関する詳細はこちらから>
★ 株式会社紫音 関西営業所 (クロスメイク大阪)
  TEL:06-7897-0285
★ 株式会社紫音 関東営業所 (クロスメイク関東)
  TEL:047-383-9915


連絡先がわからない !?

壁紙,クロス,リフォーム,アクセントカラー,塗る

今回は、連絡先が書かれた紙をなくしてしまい、どうしようかと思ったそうです。幸い、携帯電話の電話帳に登録してあったので、電話することができましたと言われました。再度、名刺と会社案内をお渡ししておきましたが、次回からも電話帳で検索して電話がかかって来るのでしょうね、きっと。(笑)
すっかり顔なじみになり、毎回、いろんな話を聞かせてくださいます。入居者がどんな方だとか、健康のために毎朝続けているポスティングの話とか…。話し相手としても、気に入っていただいているようです。(笑)奥様とも仲良くなったのですが、今回は残念ながら奥様は外出中のようで、お会いできませんでした。残念!


かつて施工した居室の話

壁紙,クロス,リフォーム,アクセントカラー,塗る

今回は、かつて施工した居室のことも話題に上がりました。これまで、ブルー系の色が多かったのですが、一部屋だけイエロー(黄色)を入れた部屋がありました。女性の方からは、「かわいい!」と言って人気なのですが、男性の大家さんにとってはなんとなくしっくりとこないようです。次に退去したら、この部屋は別の色に塗り替えたいというお話でした。
この仕事をしていて、「男性目線」と「女性目線」の違いを痛感します。もちろん、どちらがいいとか悪いとかいうわけではないのですが、確かにかなり違うのです。世の中は、男性と女性がほぼ半数ずついるのに対し、建築業界に携わっている方はほとんどが男性であることを考えると、もっと女性が進出する必要があるように感じます。


天井に色を入れるのは…

壁紙,クロス,リフォーム,アクセントカラー,塗る

また、天井にスカイブルーを塗った部屋のことも、話題に上りました。自宅のリビングの天井を空みたいな色にしたいという依頼は、時々あります。天井にカラーを塗るときは、必ずブルー系です。それ以外の色は、これまでありませんでした。壁面は家具との調和を考えるため、色選びが難しいですが、天井はその点においては楽なので、壁は白(白は部屋が広く見え、どんな色とでも合います。)で天井はブルーという依頼が来やすいのです。
でも、不動産屋さんにとっては、天井にカラーがあるお部屋は初めてだったようで、天井は白の方がいいと言われたそうです。いろんな意見があり、難しいですね〜。
こんないろいろな話ができるお客様がいらっしゃるというのは、嬉しいことです。一人一人のお客様を大切に、誠実に向き合ってきた証拠だと受け止めています。他にも、一緒に相談しながら決めたいと仰るお客様(オーナー様)が、年々増えてきました。


関連ページ

塗り替え事例(1)
昨日、一昨日と施工にお伺いしたお宅です。中古の物件を購入し、リフォーム業者を探している中で、壁紙・クロス“塗り替え”(クロスメイク)のご依頼をいただきました。リビングはオフホワイトと黄色、寝室はオフホワイトと紫色で塗りました。とってもいい仕上がりです。
塗り替え事例(2)
壁紙・クロス“塗り替え”は住宅だけでなく、壁紙・クロスが貼ってある所ならどこでも需要があります。特にホテルでは、通常通り営業しながら施工ができるので、ご好評いただいています。すでに4つのホテルに施工に伺いました。
塗り替え事例(3)
賃貸マンションのオーナー様にとって、どのようにして経費を削減し、入居率をアップさせるのかは、大きな課題です。一石二鳥の手段として、壁紙・クロス“塗り替え”を導入されるオーナー様が増えています。
塗り替え事例(4)
20年間たばこを吸い続けていたお部屋をきれいにしたいというご依頼でした。ヤニ汚れがひどく、壁紙・クロスの劣化も進んでいたため、正直言ってどこまできれいになるか自信がありませんであいた。でも、これが同じ部屋なのかというくらい綺麗になりました!
塗り替え事例(5)
昨年、マンションの空室にアクセントカラーを試した大家さんから、依頼の電話がありました。また、同じようにベランダ側に色を入れて欲しいとのこと。一度やったら病み付きになるみたいです。(笑)今度はトイレまでも…
塗り替え事例(6)
今回で、ホテルからの依頼は5つ目です。今回はちょっと大きなグループのホテルだったので、びっくりしました。グループで不動産会社も、建築や設備関係もすべてやっているので、まさかと思いました。統括支配人の話によると、上層部も注目しているとか…。
塗り替え事例(7)
賃貸マンションの大家さんからのリピート注文です。すっかり、アクセントカラーにはまってしまったようです。1DKの間取りなのですが、最初は洋室だけ、次は洋室とトイレ、そして今回はすべての部屋にカラーが入りました!
塗り替え事例(8)
持っている技術とアイディアを利用して、お客様の希望を極力叶える。それが私の基本スタンスです。売り上げを上げるというよりも、お客様のお悩みを解決し、相当な対価をいただく、そんな感じです。今回のケースは、5部屋施工しましたが、とっても安く済ませました。その秘密は…
塗り替え事例(9)
洋服もそうですが、「真っ白」というのは一番汚れが目立ちやすい色です。でも、やっぱりきれいだし、人気が高いのも事実です。柄物のクロスは汚れが目立ちにくいので、後のことを考えると結構楽です。今回は、新しい“塗り替え”(クロスメイク)という方法を試してみたかったというマンションのオーナー様からのご依頼でした。
塗り替え事例(10)
メールで、壁紙・クロス“塗り替え”の依頼が届きました。言いたいことは大体わかりますが、日本語の文章は少し変です。なんと、外国人のお客様からのご依頼です!詳細を確認すべく、記載されている携帯番号に電話をしてみましたが…
塗り替え事例(11)
賃貸住宅の場合、いったん入居すると特に設備の故障でもない限り、ずっとそのまま使い続けると言うのが普通です。もう入居して8年目になるからそろそろキレイにしてあげたいと言う、とっても親切な大家さんからの依頼でした。
塗り替え事例(12)
このところ、在宅の仕事の依頼(現在住んでいる家をきれいにしたい)が多いです。一番多いのがリビング。子ども部屋をきれいにという依頼もあります。お客様のご要望と予算に合わせて、細かい対応をさせていただいています。
塗り替え事例(13)
夏休み期間中は、壁紙・クロス“塗り替え”に伺った際に、子どもたちと会うことがたくさんありました。子どもたちにもお家を大好きになってもらいたい、そんな思いから私(Kumiko)は、子どもたちとも仲良くするようにしています。今回は、そんな夏休みの微笑ましいエピソードです。
横のつながり(1)
クロスメイク事業は代理店業務です。本部は株式会社壁紙革命。現在、正規代理店は日本全国で500店以上あります。私(Kumiko)も最初に始めた時はとても心細かったので、今日は励ましの意味も込めて、新たに代理店になられた方にご挨拶に行ってきました。
横のつながり(2)
この3か月間、同業者のネットワークづくりに力を注いでいました。30人以上の方とお話しさせていただきました。みんなそれぞれ孤独に頑張っておられ、同業者間のコミュニケーションはあまり無い様子でした。「行動力があるね!」とよく言われます。
求人募集(1)
会社のホームページの採用情報を見て、問い合わせがありました。関西営業所の正社員を急募中だったのですが、問合せは関東からでした。「自分にないものを持っているようなので惹かれた」ということなので、とりあえずお話をお伺いしてみることに…。
ハウスクリーニング(1)
職人さんたちの情報は、一般の人には入手しにくい(わかりにくい)ものです。元請会社が利益を手にし、現場で働く人はあまり報われないということも、よく耳にします。現場で働く人とお客さんを直接つなげてあげたら、双方にメリットがあるはず。そう思って紹介したハウスクリーニング業者さんの作業現場を見に行ってきました。
経営コンサルティング(1)
最近、ハウスクリーニングの仕事を始めた女性の方からの相談でした。ほとんど男性ばかりの業界の中で、女性で社長をしている人がいるなんて、どんな人なのだろう?一度会ってみたいと思ったそうです。4時間にも及ぶ、長丁場でした…(笑)
塗り替え事例(14)
以前、壁紙・クロス“塗り替え”のデモ施工を行ったホテルで働いていた方から電話がかかってきました。人事異動になり、今は別のホテルで勤務していると言うことです。覚えてくださってたんだと思い、嬉しかったです。要件は、…
塗り替え事例(15)
東京都内のビジネスホテルからの依頼でした。約半年前に他のホテルでデモ施工を見たスタッフの方が、別のホテルに移動になり、声をかけてくださったのです。このようにして壁紙・クロス“塗り替え”が徐々に広がって行くのは、喜ばしいことです。工期を短くというホテル側の意向もあり、同業者の方に応援に来ていただきました。
塗り替え事例(16)
壁紙・クロス“塗り替え”で、小さなお子さんのいらっしゃるご家庭に伺うことがあります。11月はそういう機会が多く、1歳のお子さんがいらっしゃるご家庭が3件ありました。どういうわけか、私(Kumiko)は子どもに好かれるようで、最後には手を振ってお見送りをしてくれます。
塗り替え事例(17)
大阪市西成区の建築会社からの依頼でした。事務所の壁紙がだいぶ汚れてきているのでキレイにしたいというお話でした。オフィスなので白くしたいのだと思っていたのですが、事務所・トイレ・キッチンの壁はすべてカラーを選ばれました。
新サービス(1)
「女性の方が安心感があり、相談しやすい」これは、女性のお客様(個人)から私(Kumiko)がよく言われる言葉です。同業者を見回しても、女性の割合は1%、女性経営者として、もっとそのニーズに応えていかなくてはという使命感を感じています。その一環として、来年(2017年)から新サービスを開始することにしました。
業務提携先(1) | 大工
Jホームの長崎末男さん、大工一筋40年。まじめで誠実な人柄で、リピーターも多いです。私(Kumiko)のお客様にもご紹介しました。今回は、古くなったウッドデッキの補修作業の様子をご紹介します。
塗り替え事例(18)
壁紙の “塗り替え” は、リフォーム専門だと思っていましたが、最近は新しい壁紙を塗ることも増えました。お部屋の「アクセントカラー」が、世間に広まってきているしるしです。新築マンションに入居予定の方からご依頼をいただくことも…。壁紙が新しいとなんとなく緊張してしまいます。
模様替えお助け隊(1)
ご実家(古民家)の一室をリノベーションして、そこで新たな事業を始めたいと考えておられる女性の方からのご依頼です。お父様がご健在な頃は、塗装等はお父様がされていたそうなのですが、現在は周りに頼める方もなく、女性の方が安心感があるということで、ご依頼をいただきました。
横のつながり(3)
私(Kumiko)が、壁紙 “ 塗り替え ” の仕事を始めて丸2年が過ぎ、現在、3年目です。壁紙の “ 塗り替え ” に対する社会の認知が、ずいぶん進んだように思います。DIY用の塗料も増えました。ポータルサイトでも、壁紙“塗り替え”業者を探せるようになりました。でも、職人が足りません。
横のつながり(4)
最近、北海道と九州の同業者の方とコミュニケーションをとる機会がありました。それぞれ地域性はあるものの、大規模案件の打診・受注があるようでした。うまくいったケース、行かなかったケース、いろいろありますが、将来に必ずつなげるぞ!という意気込みで、定期的にコミュニケーションを取るようにしています。
女性目線(1)
古くなったジーパンの生地を利用して、現場で必要なものをつくってみました。ミシンを使うのは20年ぶりでしたが、何とかなるものですね。女性が少ない現場仕事だからこそ、女性目線を大切に。
塗り替え事例(20)
2018年末に出会った2名の女性のお客様の事例をご紹介します。「出会えてよかった」「出会うべくして出会った」そのようなありがたいお言葉をいただきました。一人は、他の家族が使っていた部屋を自分好みにリメイクして気持ちを切り替えたい40代の女性のお客様。もう一人は、不動産投資をされている女性のお客様。、
塗り替え事例(21)
民泊施設を運営する会社の社長さんからホームページを見たと言ってお電話をいただきました。見積に伺ったら、そのまま1室を試しに施工することになりました。そして、そのまま1棟すべての部屋を施工することに…。それが結構大変でした。
塗り替え事例(22)
今年の夏(2019年8月)は、なぜかアクセントカラーの施工依頼が多かったです。一番人気は、グリーン系、そしてその次がブルー系です。今回は、これらの施工事例をご紹介します。
女性オーナー(1)
お子さんが成人したのをきっかけに、これが最後のチャンスと思い起業した女性オーナー。彼女が経営する北松戸駅近くの小さなカフェをご紹介します。私(Kumiko)が天井・壁面(ライトオレンジ)と木部(ダークブラウン)を塗り変えました。

著者情報

会社の公式ホームページ