なぜ人は起業するのか? | 様々な経緯と理由

周りの起業家と自分の違いは?

経営,起業,一旗揚げる,経緯,理由

周りの起業した人たちと自分を比べてみて、私(Kumiko)はずっと何かが違うと感じていました。
多くの起業した人と話していて、「自分の会社」(自分の夢)という意識が強い人が多いことに気づきました。私には「自分の会社」「会社は自分のもの」という感覚があまりないということに。決して、無責任なわけではありません。たとえて言うならば、「株式会社紫音の代表取締役に任ずる。」という辞令をもらった感覚です。かつて、「経営戦略室のマネージャー」という肩書をもらったように、ただそこに「代表取締役」と書かれていた。なんとなく、そんな感じです。
その違いは、起業するに至った経緯や動機、理由によるのではないかと思いました。そこで、起業する人にはどういうタイプの人がいるのか、少し考えてみました。(これはあくまでも私の私見であり、正しいかどうかはわかりません。)


よくある起業の理由は?

経営,起業,一旗揚げる,経緯,理由

一番よく見聞きするのが、「自分の店を持ちたい」「独立したい」というタイプです。飲食店や店舗、美容室などに多いように思います。何年後という目標を掲げ、それまでにいくらお金を貯めるという話をよく聞きます。私の弟も、このタイプです。(ちなみに、彼はパティシエです。)私も、20代の頃に何度か喫茶店かレストランを経営するように勧められたことがあります。(当時は、休みの日に丸1日かけて料理を作り、人を呼んでもてなすということをしていました。)でも、私の場合は、自分の店が欲しいとは思いませんでした。
特定の業種にこだわらず、「何か大きなことをやりたい」「一旗あげたい」と思っているという話もよく聞きます。社会に出る前から「いずれは」と考えている人もいます。会社でサラリーマンとして働いてみて、やはり自分には大きな組織で働くのは合わないと感じて、いずれは起業しようと考える人もいます。このまま平凡な人生で終わらせたくないと考える人もいます。


中にはこんな理由で起業する人も…

経営,起業,一旗揚げる,経緯,理由

思うように再就職先が決まらないから、自分で事業を始める人もいます。本当は雇用されて働きたいけど、仕方なくという感じです。これは、中高年の人に多いです。(ハローワークで働いていた時に、こういう方々によく会いました。)中高年の人の再就職先が少ないという日本の社会問題を反映しているように思います。経営者には年齢制限はないですからね〜。
親や親せきなどに事業をしている人がいる場合は、自らも事業を起こすという傾向があるように思います。家業を継ぐというのとは、また別です。親が自営をしている人は、全く別の業種であっても自らも自営の道に進むという確率が、親がサラリーマンの子供に比べて高い傾向があります。親がサラリーマンの子供に比べ、自営業になじみがあり、イメージが付きやすいのでしょう。私(Kumiko)も、親せきに誰も事業をしている人がいないのになぜって、周りから言われましたから…。(笑)


いつでも社長の座を譲ります!

経営,起業,一旗揚げる,経緯,理由

私(Kumiko)はというと、目立つこと、人目に付くことが嫌いだったので、自分が経営者になるとは思ってもみませんでした。10年前、自分が社長になるなんて、99.9%ありえないと思っていました。「では、なぜ?」というのは、また別の機会にしたいと思います。
でも、だから周りの起業した人とは違うのだと思います。よい、悪いというのではありません。だからこそ気づくこと、できることがあるのではないかと感じています。とはいっても、社長の座にこだわるつもりはありません。ただ単に、今はそれが私に与えられた任務(使命)だから一生懸命取り組んでいるだけ。私よりももっとこの会社の社長にふさわしい人が現れたら、私は喜んで、社長の座を譲りたいと思います。


関連ページ

会社のつくり方
私(Kumiko)は、よく「会社のつくり方はどこで学んだの?」と聞かれます。そんなもの、何処でも学んだことはありません。インターネットで検索すれば、いろんな情報が得られます。だから私が書くまでもないのですが、今後、会社設立を考えておられる方のために、私が何を考え、どう行動したかを中心に少し書いてみます。
税理士の先生
税理士の先生によってタイプが全く異なります。よく、知り合いの税理士にお願いしたという話を聞きますが、その先生が果たして会社の現状にあっているでしょうか?参考までに、私(Kumiko)がどのようにして顧問税理士の先生を選んだか、ご紹介します。
商標登録に挑戦
法人設立登記の手続きが一段落して落ち着いた頃、私(Kumiko)は、会社が成長することを期待して、知的財産管理についても考える必要があると思い始めました。具体的には、ロゴマークの商標登録について考え始めました。
商標登録(続編)
商標登録願を提出してから約5か月後に、特許庁から通知が届きました。申請していた2つの内、1つが「登録査定」、もう1つが「拒絶理由通知書」でした。問題は、「拒絶理由通知書」の対応をどうするのか。専門家(弁理士)の助言を仰ぐことにしました。
従業員と経営者の違い
経営者になり、私(Kumiko)の働き方、時間の使い方は、徐々に変わっていきました。原点は、「社長にとって大切なことは何か?社長として私は何をしないといけないか?」です。そこから出発して物事を整理していくと、次第に何をしたらいいかが見えてきました。
ホームページ制作
ホームページ制作は、業者(専門家)に頼む方がいいのか、それとも自分でする方がいいのか?いろんな意見がありますが、マーケティングの勉強も兼ねて自分でつくってみることにしました。知人から「SIRIUS」というソフトを教えてもらいました。
ベンチャースピリットって?
私(Kumiko)は、若い頃から経営者の方と話すのは好きでした。なんとなくですが、自分と経営者の方々の間に相通じるものというか、共通点を見出していたのだと思います。当時、公務員だった私の内にも「ベンチャースピリット」はあったのでしょうか?
経験は必須なの?
何事も経験を問われる時代です。「私にはこれしかできないから。これしかやったことがないから。」という言葉をよく聞きます。これまでチャンスが与えられなかったら、今後もずっとチャンスは与えられないのでしょうか。私(Kumiko)は、そうではないと思います。
マーケティング(1)
私(Kumiko)は、マーケティングについてずっと苦手意識がありました。溢れる情報を見るだけで疲れてしまいます。得意な人たちに任せておけばいいとも考えました。でも、逃げてはいけないと思い、自分の目と耳と頭を使って、考えてみることにしました。
起業すると輝ける?
先日、私(Kumiko)と同じように、壁紙を塗る仕事を始めたいと考えている方から、一度話を聞きたいと連絡をいただきました。週末起業から始めて、軌道に乗れば会社を辞めるつもりだと言うことでした。果たしてそんなにうまくいくのかと思いつつ、とりあえずお会いしてみることにしました。
仕事を選ぶ理由
仕事を選ぶ理由は、人さまざまです。私(Kumiko)も、昔はどんな仕事が自分に向いているのかと考えていました。社会経験を積むにつれ、何をするのかよりも、誰と一緒に仕事をするのかの方が、私にとって重要になってきました。それは、ビジネスパートナーを選ぶ際にも同じです。

著者情報

会社の公式ホームページ