起業すると輝ける? or 輝いているから起業する?

このブログを見た方からのメール

経営,起業,マネジメント,自営,輝く

私(Kumiko)のブログを見たと言う方から、1通のメールが届きました。同じ仕事(壁紙に塗料を塗る)という仕事で起業したいと考えているので、話を聞きたいと言うことでした。メールには、住所、家族構成、年齢まで書かれていて、まるで求人への応募のようだと思わず笑ってしまいました。冷やかしだと思われないためなのでしょうか?
平日はお仕事をされていると言うことでしたので、日曜日に都内のカフェでお会いしました。以前もフランチャイズでビジネスをされたことがあり、フランチャイズ本部が倒産して失敗したこともあって、慎重になられているようでした。とりあえずは週末起業から始め、目途がついたら独立したいと考えておられました。
何のつてもない中で、新規で顧客開拓をしていくのは大変なこと、当社の場合もまだ経営は安定していないこと、でも、これからまだまだ伸びていく分野であると感じていることなどを話しました。週末しか動けないとすると、かなりロスが出ること(週末まで待てないお客様や平日を希望されるお客様など)も、説明しました。
現在の仕事を辞める大きな理由も見つからないのに、どうして起業したいのか尋ねたところ、「起業した人はみんな輝いているから。」という答えが返ってきました。


翌日施工に伺ったお宅で…

経営,起業,マネジメント,自営,輝く

ちょうどその翌日、あるご家庭にトイレの壁紙の塗り替えに伺いました。奥様は、リラクゼーションルーム(マッサージ)の経営をされている方です。月曜日しか休みがなく、その月曜日も研修などの予定があり、なかなか美容室にも行けないと言っておられました。本当に超多忙な毎日だと思います。
その方に、昨日のお話(キラキラ輝きたいから起業したい)をしました。「起業するということは、苦労の始まりですよね?」と仰いました。その方に、悲壮感はありません。生き生きと仕事をしておられます。でも、苦労や犠牲にするものは多いということを言いたいのだと思います。その方は、「自分はこの仕事が好きだからやっている」と仰いました。


私(Kumiko)は、なぜ事業をしている?

経営,起業,マネジメント,自営,輝く

私(Kumiko)は、要領よく器用に生きていくことができません。いつも、いばらの道を歩んでいるような気がします。(笑)なぜなんだろう、他の人とどこが違うのだろうと、悩んだこともありました。1年前に、自分はどこにいても、何をしていても、何らかの問題を解決しようとしてしまうのだと、気づきました。長いものに巻かれて生きていくことができません。問題を解決に向かおうとするので、いつもしんどい道を歩んでいるように思います。
今、事業を行っていてもやはり同じです。私は、別に自分の会社が欲しかったわけでも、社長になりたかったわけでもありません。ここに解決すべき課題があるから、それに取り組んでいるだけです。損得勘定で考えたら、やらない方を選ぶでしょう。使命感に似ていると思います。私はこのために生まれてきたのだと…。
ビジョンをもって起業したからこそ、きらきらと輝けるのだと思います。ビジョンもなく、ただ輝いている人生にあこがれて起業しても、結局は輝けないまま終わるような気がします。


関連ページ

会社のつくり方
私(Kumiko)は、よく「会社のつくり方はどこで学んだの?」と聞かれます。そんなもの、何処でも学んだことはありません。インターネットで検索すれば、いろんな情報が得られます。だから私が書くまでもないのですが、今後、会社設立を考えておられる方のために、私が何を考え、どう行動したかを中心に少し書いてみます。
税理士の先生
税理士の先生によってタイプが全く異なります。よく、知り合いの税理士にお願いしたという話を聞きますが、その先生が果たして会社の現状にあっているでしょうか?参考までに、私(Kumiko)がどのようにして顧問税理士の先生を選んだか、ご紹介します。
商標登録に挑戦
法人設立登記の手続きが一段落して落ち着いた頃、私(Kumiko)は、会社が成長することを期待して、知的財産管理についても考える必要があると思い始めました。具体的には、ロゴマークの商標登録について考え始めました。
商標登録(続編)
商標登録願を提出してから約5か月後に、特許庁から通知が届きました。申請していた2つの内、1つが「登録査定」、もう1つが「拒絶理由通知書」でした。問題は、「拒絶理由通知書」の対応をどうするのか。専門家(弁理士)の助言を仰ぐことにしました。
従業員と経営者の違い
経営者になり、私(Kumiko)の働き方、時間の使い方は、徐々に変わっていきました。原点は、「社長にとって大切なことは何か?社長として私は何をしないといけないか?」です。そこから出発して物事を整理していくと、次第に何をしたらいいかが見えてきました。
ホームページ制作
ホームページ制作は、業者(専門家)に頼む方がいいのか、それとも自分でする方がいいのか?いろんな意見がありますが、マーケティングの勉強も兼ねて自分でつくってみることにしました。知人から「SIRIUS」というソフトを教えてもらいました。
ベンチャースピリットって?
私(Kumiko)は、若い頃から経営者の方と話すのは好きでした。なんとなくですが、自分と経営者の方々の間に相通じるものというか、共通点を見出していたのだと思います。当時、公務員だった私の内にも「ベンチャースピリット」はあったのでしょうか?
なぜ起業するのか?
私(Kumiko)は、周りの起業した人と自分を比べて、何かが違うと感じていました。それは、起業した理由・経緯の違いではないかという結論に至りました。そこで、起業する人にはどんなタイプがあるのか考えてみました。
経験は必須なの?
何事も経験を問われる時代です。「私にはこれしかできないから。これしかやったことがないから。」という言葉をよく聞きます。これまでチャンスが与えられなかったら、今後もずっとチャンスは与えられないのでしょうか。私(Kumiko)は、そうではないと思います。
マーケティング(1)
私(Kumiko)は、マーケティングについてずっと苦手意識がありました。溢れる情報を見るだけで疲れてしまいます。得意な人たちに任せておけばいいとも考えました。でも、逃げてはいけないと思い、自分の目と耳と頭を使って、考えてみることにしました。
仕事を選ぶ理由
仕事を選ぶ理由は、人さまざまです。私(Kumiko)も、昔はどんな仕事が自分に向いているのかと考えていました。社会経験を積むにつれ、何をするのかよりも、誰と一緒に仕事をするのかの方が、私にとって重要になってきました。それは、ビジネスパートナーを選ぶ際にも同じです。

著者情報

会社の公式ホームページ