未知の領域へのチャレンジ | 過去に縛られない生き方

実務経験は必須要件なの?

経営,経験,チャレンジ,やりたいこと,チャンス

ハローワークで働いていた時に、よく「実務経験」が必要と書かれた求人を目にしました。明らかにそう書かれていなくても、若い人なら未経験でもいいけど、ある程度の年齢の人だとやはり経験がないとねと言われることが多かったです。求人募集には書かれていなくても、面接に行って「経験がないと…」と言われたという話もよく聞きました。
若い時にチャンスが与えられなかったら、もう一生無理なの?もうあきらめるしかないの?私(Kumiko)は、そのことに疑問を持っていました。世間一般がそういう傾向なのは、分かります。でも、私はずっと悶々としていました。


「好きなこと」と「できること」は違う

経営,経験,チャレンジ,やりたいこと,チャンス

私(Kumiko)は、誤解を受けやすいタイプみたいです。好きなこと(やりたいこと)とできること(やってきたこと)が違います。それが、そもそも誤解を受ける原因のような気がします。
幼い頃から、私は普通の子とは少し違っていました。「友達と遊びなさい」と言われるから、頑張って友達をつくり、頑張って遊んでいました。楽しいからしていたのではなく、それがいいことだと教えられたからしていました。私にとっては、友達をつくることも、遊ぶことも「ストレス」でした。そして、他のことは違う自分のことを責めていました。
私は、夢も希望もない子どもでしたが、それでも2つだけ、やってみたいと思ったことがありました。それは、ピアノを習うことと海外留学することでした。両方とも、経済的な理由からかないませんでした。
ものを作ることが好きな私は、大人になってからも、いつか時間ができたら洋裁を習いたいとか、フラワーアレンジメントを習いたいとか思ったことがありました。他にも、こういう生活がしたいということはありましたが、どれも、諸事情からできていません。


どんどん大きくなるギャップ

経営,経験,チャレンジ,やりたいこと,チャンス

仕事においても然りです。やりたいこと(好きなこと)と実際やってきたことが違います。仕事なのだから、当然なのかもしれません。経験をもとにその人を判断(評価)するので、どんどん悪循環しました。一生懸命、無理して頑張ってきましたが、限界が来ました。
人が思っている自分と本当の自分の間に、どんどんギャップができていきました。だから、人の中にいるほど、孤独を感じました。例えば、学歴があるから勉強が好きなのだと誤解されます。でも実際は、私は机に向かっていることが苦痛です。
やったことがない(経験がない)のだから、当然のようにうまくできません。だから、必然的にその役は回ってこなくなり、いつまでたってもできるようになりません。その悪循環でした。私が女性だからという理由で、チャンスが回ってこないこともありました。


試行錯誤を楽しもう!

経営,経験,チャレンジ,やりたいこと,チャンス

でも、昨年、経営者となり、その状況が変わりつつあります。たとえあまりうまくできなくても、全部自分でやらないといけない状況になりました試行錯誤しながらも、少しずつ、それを楽しめるようになりました。雇用されていた時には、経験できなかったことです。
私は、社員にも同じようなことを経験してほしいと思っています。これまでやってみたかったけどできなかったことに、どんどんチャレンジしてほしいと思っています。
今でも、「私は、○○しかしたことがないから…」「私にはこれしかできないから…」という言葉をよく聞きます。それが世の常識なのかもしれません。でも、本当にそれしかできないのでしょうか?言い訳しているだけではありませんか?
せめて当社の社員には、新しいことにどんどんチャレンジしてほしいと思います。


関連ページ

会社のつくり方
私(Kumiko)は、よく「会社のつくり方はどこで学んだの?」と聞かれます。そんなもの、何処でも学んだことはありません。インターネットで検索すれば、いろんな情報が得られます。だから私が書くまでもないのですが、今後、会社設立を考えておられる方のために、私が何を考え、どう行動したかを中心に少し書いてみます。
税理士の先生
税理士の先生によってタイプが全く異なります。よく、知り合いの税理士にお願いしたという話を聞きますが、その先生が果たして会社の現状にあっているでしょうか?参考までに、私(Kumiko)がどのようにして顧問税理士の先生を選んだか、ご紹介します。
商標登録に挑戦
法人設立登記の手続きが一段落して落ち着いた頃、私(Kumiko)は、会社が成長することを期待して、知的財産管理についても考える必要があると思い始めました。具体的には、ロゴマークの商標登録について考え始めました。
商標登録(続編)
商標登録願を提出してから約5か月後に、特許庁から通知が届きました。申請していた2つの内、1つが「登録査定」、もう1つが「拒絶理由通知書」でした。問題は、「拒絶理由通知書」の対応をどうするのか。専門家(弁理士)の助言を仰ぐことにしました。
従業員と経営者の違い
経営者になり、私(Kumiko)の働き方、時間の使い方は、徐々に変わっていきました。原点は、「社長にとって大切なことは何か?社長として私は何をしないといけないか?」です。そこから出発して物事を整理していくと、次第に何をしたらいいかが見えてきました。
ホームページ制作
ホームページ制作は、業者(専門家)に頼む方がいいのか、それとも自分でする方がいいのか?いろんな意見がありますが、マーケティングの勉強も兼ねて自分でつくってみることにしました。知人から「SIRIUS」というソフトを教えてもらいました。
ベンチャースピリットって?
私(Kumiko)は、若い頃から経営者の方と話すのは好きでした。なんとなくですが、自分と経営者の方々の間に相通じるものというか、共通点を見出していたのだと思います。当時、公務員だった私の内にも「ベンチャースピリット」はあったのでしょうか?
なぜ起業するのか?
私(Kumiko)は、周りの起業した人と自分を比べて、何かが違うと感じていました。それは、起業した理由・経緯の違いではないかという結論に至りました。そこで、起業する人にはどんなタイプがあるのか考えてみました。
マーケティング(1)
私(Kumiko)は、マーケティングについてずっと苦手意識がありました。溢れる情報を見るだけで疲れてしまいます。得意な人たちに任せておけばいいとも考えました。でも、逃げてはいけないと思い、自分の目と耳と頭を使って、考えてみることにしました。
起業すると輝ける?
先日、私(Kumiko)と同じように、壁紙を塗る仕事を始めたいと考えている方から、一度話を聞きたいと連絡をいただきました。週末起業から始めて、軌道に乗れば会社を辞めるつもりだと言うことでした。果たしてそんなにうまくいくのかと思いつつ、とりあえずお会いしてみることにしました。
仕事を選ぶ理由
仕事を選ぶ理由は、人さまざまです。私(Kumiko)も、昔はどんな仕事が自分に向いているのかと考えていました。社会経験を積むにつれ、何をするのかよりも、誰と一緒に仕事をするのかの方が、私にとって重要になってきました。それは、ビジネスパートナーを選ぶ際にも同じです。

著者情報

会社の公式ホームページ