ベンチャースピリット | 起業家だけに必要なものか?

社長にもさまざまなタイプがある

経営,起業,創造,ベンチャースピリット,コンティンジェンシー理論

これまで、いろいろな経営者の方と話してきました。自分が経営者になるとは思ってもみませんでしたが、若い頃から、経営者の方と話すのは好きでした。今振り返ってみると、何か相通じるもの、共通点を見出していたのかもしれません。
一口に経営者と言っても、自分で会社を始めた創業者もいれば、事業を継承した人(二代目・三代目など)もいます。子会社の社長もいれば(イメージとしては事業部長って感じでしょうか?)、外資系企業の日本法人の社長もいます(イメージ的には日本営業所長?)。それぞれで、タイプが違うような気がしました。
以前、経営学の勉強をしているときに「コンティンジェンシー理論」というのを学びました。唯一最適なリーダーシップ・スタイルというものは存在せず、状況に応じて、望ましいリーダーシップのスタイルは異なるという考え方です。経営者のタイプの違いを理解するのに、助けになるかもしれません。


公務員にもベンチャースピリット?

経営,起業,創造,ベンチャースピリット,コンティンジェンシー理論

創業者には、協調性がないというか、他の人と違ったものの見方や考え方をする人が多いように思います。(自分もそうなので、他の人のことは言えませんが…)協調性を重んじる日本の文化の中にあっては、なかなか評価されにくいのかもしれませんが、創業者としては大切な資質のように思います。「ベンチャースピリット」という言葉があります。私(Kumiko)は、大学卒業後、公務員として働いていましたが、自分の中に「ベンチャースピリット」があるのではないかと気づき始めた時期がありました。言葉の具体的な定義は難しく、ここでは論じませんが、当時の私は、慣習や形式にとらわれないでチャレンジする力、新しいものを創造する能力というように受け取っていました。


上司の夢を叶えることができる?

経営,起業,創造,ベンチャースピリット,コンティンジェンシー理論

今から10年以上前のことになりますが、ハローワークで働いていた時に、上司が私(Kumiko)にこのようなことを言いました。
「前からずっと、若者向けに単発じゃなくて、継続して交流できるようなことができへんかなって思っているんやけど、今まで誰もやってくれへんかってん。定年も近づいてきたし、定年までにそれを実現したいというのがボクの夢なんやけど、それ、考えてみてくれへんか?」
上司の夢をかなえたいという思いから「ちょっと考えてみます。」と言ったはいいものの、ベテランの先輩たちができなかったことを私にできるのだろうかと思っていました。私ではなく、他にもっとふさわしい人がいるのではないかとも思いました。
当時、ハローワークで開催されていたセミナーは、講師が一方的に話をする講義タイプのものがほとんどで、グループワークなどは、あまりなされていませんでした。
私はある方に相談しました。どうして自分なのか?一体、何からどう手をつけたらいいのか?私にはさっぱりわかりませんでした。
その方と話をするうちに、少しずつですがアイディアが与えられ始めました。そして、何とか、企画書らしきものが出来上がりました。当時、他でそのような企画が実際に行われていたかどうかはわかりませんが、私が知る限りでは、初めての企画でした。


所長の前でプレゼンすることに…

経営,起業,創造,ベンチャースピリット,コンティンジェンシー理論

私(Kumiko)はその企画書をもって、上司のもとに行きました。そうしたら、その日のうちに所長室に連れて行かれ、いきなり所長の前でプレゼンすることになりました。
全5回のコースで、アットホームな雰囲気で参加者同士が交流できるよう定員は10名としました。試験的に年度内に2クール実施し、評判が良いようであれば、来年度に予算を確保して、グレードアップしたいと考えている旨を伝えました。
2クールの試験実施については、ほとんど経費もかからないため、所長からすぐにOKが出ました。そして、翌日から私は資料作りに追われることになりました。使用する資料は、一からすべて手作りです。要領があまり良くなかったので、寝る時間を惜しんで取り組んでいました。

 


自らのベストを尽くして…

経営,起業,創造,ベンチャースピリット,コンティンジェンシー理論

セミナーをより良いものとするため、人事歴数十年という方にもサポートをお願いしました。そして、セミナー当日は、社会人1年目の後輩が、私(Kumiko)のアシスタントについてくれました。人々の協力があってこそです。
私が新しいことをしているのを快く思わない人たちもいました。嫌味を言われることもありました。
でも、どうにか2クールを終えることができました。今振り返ってみると、あまり良い出来栄えではなかったかもしれませんが、当時の私には、それが精一杯でした。
「さぁ、来年度は…」と思っていると、私の転勤が決まりました。4月から、違う場所で、全く違う仕事をすることになりました。当時はとても心残りでしたが、私の性格(タイプ)を考えると、それでよかったのかもしれません。


関連ページ

会社のつくり方
私(Kumiko)は、よく「会社のつくり方はどこで学んだの?」と聞かれます。そんなもの、何処でも学んだことはありません。インターネットで検索すれば、いろんな情報が得られます。だから私が書くまでもないのですが、今後、会社設立を考えておられる方のために、私が何を考え、どう行動したかを中心に少し書いてみます。
税理士の先生
税理士の先生によってタイプが全く異なります。よく、知り合いの税理士にお願いしたという話を聞きますが、その先生が果たして会社の現状にあっているでしょうか?参考までに、私(Kumiko)がどのようにして顧問税理士の先生を選んだか、ご紹介します。
商標登録に挑戦
法人設立登記の手続きが一段落して落ち着いた頃、私(Kumiko)は、会社が成長することを期待して、知的財産管理についても考える必要があると思い始めました。具体的には、ロゴマークの商標登録について考え始めました。
商標登録(続編)
商標登録願を提出してから約5か月後に、特許庁から通知が届きました。申請していた2つの内、1つが「登録査定」、もう1つが「拒絶理由通知書」でした。問題は、「拒絶理由通知書」の対応をどうするのか。専門家(弁理士)の助言を仰ぐことにしました。
従業員と経営者の違い
経営者になり、私(Kumiko)の働き方、時間の使い方は、徐々に変わっていきました。原点は、「社長にとって大切なことは何か?社長として私は何をしないといけないか?」です。そこから出発して物事を整理していくと、次第に何をしたらいいかが見えてきました。
ホームページ制作
ホームページ制作は、業者(専門家)に頼む方がいいのか、それとも自分でする方がいいのか?いろんな意見がありますが、マーケティングの勉強も兼ねて自分でつくってみることにしました。知人から「SIRIUS」というソフトを教えてもらいました。
なぜ起業するのか?
私(Kumiko)は、周りの起業した人と自分を比べて、何かが違うと感じていました。それは、起業した理由・経緯の違いではないかという結論に至りました。そこで、起業する人にはどんなタイプがあるのか考えてみました。
経験は必須なの?
何事も経験を問われる時代です。「私にはこれしかできないから。これしかやったことがないから。」という言葉をよく聞きます。これまでチャンスが与えられなかったら、今後もずっとチャンスは与えられないのでしょうか。私(Kumiko)は、そうではないと思います。
マーケティング(1)
私(Kumiko)は、マーケティングについてずっと苦手意識がありました。溢れる情報を見るだけで疲れてしまいます。得意な人たちに任せておけばいいとも考えました。でも、逃げてはいけないと思い、自分の目と耳と頭を使って、考えてみることにしました。
起業すると輝ける?
先日、私(Kumiko)と同じように、壁紙を塗る仕事を始めたいと考えている方から、一度話を聞きたいと連絡をいただきました。週末起業から始めて、軌道に乗れば会社を辞めるつもりだと言うことでした。果たしてそんなにうまくいくのかと思いつつ、とりあえずお会いしてみることにしました。
仕事を選ぶ理由
仕事を選ぶ理由は、人さまざまです。私(Kumiko)も、昔はどんな仕事が自分に向いているのかと考えていました。社会経験を積むにつれ、何をするのかよりも、誰と一緒に仕事をするのかの方が、私にとって重要になってきました。それは、ビジネスパートナーを選ぶ際にも同じです。

著者情報

会社の公式ホームページ